♡ case1 ♡ 79歳女性(ご自宅での訪問ケア) 

 

49年間の全身への負担 

 

膝の周り・内側に痛み(+)、膝下むくみ(⧺)、

階段の昇降は1段ずつ、歩行は痛みがあるのでゆっくり。

 

3時間位座っていると立ち上がるときに脚が棒のようになる。

 

朝起きる時も大変である。

 

腰痛もあり、長年の負担により全身に痛み、神経の痛みがある。 

 

整形は長時間待たされた上に効果もあまりないのでもう行かない。

 

指圧他いろいろしてきた。

今は整体で全身マッサージ(90分)をたまにしてもらっている。

 

また普段マッサージをしてくれる人が近所にいるのでしてもらっている。 

 

 

「あら~っ」と思うくらい楽に… 

 

ケア後、痛みは10→5位で、

「気持ちがいい」「膝の位置が変わった」…と話しているときに訪問者があり2階→1階へ。

 

戻っていらしたとき「いつもは『痛い痛い』と階段を昇り降りしていたのが

『あら~っ』と思うくらい楽になったわ」と、

笑顔で弾むようにおっしゃってくださった。 

 

そのあと、今までのご経験についてのお話を聞き、

ご苦労もあったけれど愛にあふれた人生に感動をいただいた。 

 

2日後お電話したところ、

顕著な変化はないけれど朝起きたとき、いつもより楽な感じがする、歩くのも何だかちょっと違う気がする、

とのお言葉をいただいた。 

 

 

 

階段を昇って戻っていらしたときの言葉と表情が印象的で、とても嬉しく感じました。 

 

笑顔をいただくと同時に、

その痛みとともにある人生にふれたことも、私にとって大きなものでした。

心温まる時間でした。 

上田  美智子 症例