山下 多恵子 症例

山下 多恵子 症例

ガチガチのパンパンに張った脚が一度の施術で10ある痛みが0に!

 

 

46歳の女性 

 

膝の痛みと共に冷えや浮腫みに悩まされてきた方です。

冷える→循環不良→浮腫むと、悪循環を繰り返されておられます。

 

お仕事が看護師ということもあり患者さんの体位交換やベットから車椅子などへの移乗など、

少なからず膝腰への負担がかかり日々の忙しさから痛みさえ感じなくなるくらい体はガチガチでした。

 

彼女は職場の同僚で以前から私のアロマトリートメントやリンパマッサージのモデルをよく頼んでいました。

初めて体に触れた時正直に言うと丸太ん棒のようだと感じました。

 

しかし私達どの看護師もほとんどこのようなガチガチパンパンな体をしています。

そんな彼女の体をどうにか楽にしたくて膝ケアのモデルをお願いすると快く引き受けてくれました。

彼女にはいつも感謝です。

 

ガチガチのパンパンに張った脚は痛みに対して鈍感になっており、

大腿二頭筋には卵大のコブのような筋肉の塊が触れます。

 

オイルをたっぷり擦り込み、マッサージを行うと筋肉の塊はスーッと小さくなり、

パンパンに張った大腿が緩んで柔らかくなるのを確認しました。

面白いように張りや筋肉の塊が小さくなるので楽しくなってしまいました。

夢中でマッツサージをしていると気付いたら彼女は眠っていました。

 

施術後、痛みスケールは10→3になりました。

すっきりした顔で「ありがとう」と言ってくれた彼女でした。

 

2回目の施術までに勤務の都合が合わず1ヶ月も経っていましたが、

1回目から施術後の痛みは無くなっていたようで0→0に。

大腿後部にはまだ少し拘縮した筋肉が残っており、

その周りの筋肉の状態からゆっくり時間と回数をかければ膝の痛みも、

腰の痛みも、背中の痛みや肩こり、冷えまでもが改善されると思いました。

 

 

 

 

山下 多恵子