池澤 まき子症例

 

3回目の施術に伺うと、杖も手押し車も無くなっていた・・・

92歳の女性 

2015年夏、脊椎管狭窄症で歩けなくなり、入院。 

リハビリ後、退院するも杖、手押し車が必要で思うように動けない状態。 

月に一度鎮痛剤の注射、毎日の電気治療を受けるも変化なし。 

 

2016年5月、膝ケアを受けていただくと、アロマトリートメントの心地 

よさに、気持ち良いわ・・と何度もおっしゃり、終了後、杖なしで歩き、 

外まで見送って下さいました。 

3週間後に3回目の施術に伺うと、杖も手押し車も無くなっています。 

「一人で歩けるようになったら、見たくないから片付けたわ。 

こんな事が私に起こるなんて・・」と笑顔で言われます。 

セルフマッサージを毎日続けられ、4か月経過して、以前痛かった 

膝周りや足首などは全く痛みが消えました。 

 

歩く時に膝が安定するようになったとも言われます。

もう出かけるのは無理だと諦めていたのに、何処にでも行けそう

2年ほど前から膝の周りが痛み、歩くのが辛い。病院で診察を受けても 

骨に異常はなく加齢のため、と言われる。日課だった畑仕事も億劫に 

なり家に閉じこもりがち。 

 

2016年5月に膝ケアを受けていただく。やはりアロマトリートメントの 

心地よさを喜ばれ、施術後には、脚が軽くなったと何度も足踏みを 

される。 

月に1度膝ケアを受けられ、3か月経った頃、膝の痛みがとれて 

歩くのが不安でなくなったそう。 

 

「お風呂で脚を伸ばすと、バスタブに足が届くのは、姿勢が良くなった 

せいね。もう出かけるのは無理だと諦めていたのに、脚が痛くないから 

どこへでも行けそう、希望が持てるって楽しいわ。」 

 

ウォーキングを始められたスニーカー姿の笑顔が素敵です。

 

Please reload