今岡 雅子

 

 

84歳で、現役でご活躍のクイントイーストウッド監督いわく、

「若さの秘訣は歩きまわること。

 歳だからと諦めるのは自分で自分の寿命を決めるようなもの。 

 いつも新しい、わくわくすることをしているよ。」

 

さあ、あなたも痛み止めと湿布薬だけに頼らず、

いくつになっても自分の足で歩き、

わくわくどきどき出来るよう、

膝のアロマケアをしてみませんか。

私の父は、転んで大腿骨を骨折し、寝たきりになりました。

それからあっという間に認知症と糖尿病が進み、

だんだん指先から壊死して膝下から切断しました。

術後1ヵ月で、ほとんど私のこともわからず、急死してしまいました。

この時、人間は歩くことが本当に大切なんだと思い知りました。

 

また、看護してくださっていた病院のスタッフの方々の

疲れ切った表情も忘れられず、

いつか、「ケアされる側にも、する側にも役に立つこと」を

したいと願っておりました。

 

当時から膝や腰を痛めていらっしゃるスタッフさんが多かったのです。

 

その後、娘達の不登校がきっかけで、アロマインストラクター、

アロマトリートメント、ハワイアンオイルマッサージのロミロミ、

ホットストーンの資格を取得して、

娘達に施術を続け、お蔭様で不登校も断薬も解決することができました。

 

アロマセラピーの有用性を肌で実感することができ、

戴いたご恩を次の方に贈り、

地域の皆様にもっと気軽にアロマセラピーをお伝えしたいと、

自宅サロンを立ち上げました。

 

それから、楢林先生の膝ケアに出愛い、

この施術こそが私のもう一つの願いの

「ケアされる側にも、する側にも役に立つこと」だと、

勉強させていただきました。

 

課題の30症例のモニター様にも、心良くご協力いただき、

長年、変形性膝関節症や坐骨神経痛でお悩みの方々にも

痛みの軽減が見られ、笑顔でお帰りいただくことができました。

 

私自身も”とんど”の作成で膝を痛めていて、

時々痛んでいたのですが、全く痛みがなくなり助かっています。

 

О脚、X脚の方、今、膝に痛みのない方も靴のかかとの減り方を

チェックしてみてくださいね。

片方だけがすり減っている方は膝に負担がかかっていますよ。

 

当サロンでは、新陳代謝を上げるために膝ケア前に足湯20分と、

精油の吸収率が二倍になるといわれるホットストーン(50~55℃)を使って、筋肉を温めてから施術させていただくこともできます。

 

是非、お問合わせくださいませ。

 

長い文章をお読みいただき、ありがとうございました。

ご縁のある方からのご予約お待ち申し上げております。

 

(注)

「とんど」は広島県福山藩発祥の年明けに行う、

稲藁を高く組んで燃やす、一年間の豊穣と健康を祈る行事です。

年末年始に数日かけて雪のちらつく中、膝をついて稲をほぐし、

縄に巻きつけていきます。
それを竹で組んだ棟に高くつみあげ、書き初めやら、お飾り、

お餅を焼いて食べます。

福山近辺では盛んです。

広島県福山市光南町

(自宅のため、ご予約後にお伝えさせていただきます。)

 

tel:090-4577-8931 

(施術中はお電話に出れない場合もございます。)

メールアドレス    natupre2531@gmail.com

​ブログ  http://ameblo.jp/naturalpresents/